第15回上海国際福祉機器展(AID 2020)のご案内

——ご案内——


 CHINA AIDは来年20周年を迎えます。それを機に通称をCHINA AIDからAIDに変え、さらに

みなさまの期待に沿えられるよう気を引き締めてご案内させていただきます。

 少子高齢化が進むにつれ、中国高齢者産業は中国における成長産業として最も注目を浴びて

いる産業分野の一つとなっています。2018年末中国の60歳以上の人口が2.49億人を超え、

2050年前後に5億人に達すると予想されています。その潜在的市場規模は80兆~150兆円と

なっており、20~30年後には300兆~500兆円規模に達すると見込まれています。

 現在、中国の先進都市では日本の福祉機器・用品が数多く取り扱われるようになり、その良さが

認知、浸透されつつあります。日本の福祉関連企業にとって大きなビジネスチャンスが到来して

います。

 AID 2020は中国最大級の福祉&リハビリの国際総合福祉展で15回目を迎えます。

添付したパンフレットにご案内するように質量ともに充実した内容をご用意し、皆様のご出展を

お待ちしています。

  •  日 時:2020年6月11日(木)~13日(土)
    ●会 場:上海新国際展覧中心
    ●主 催:上海市民生局・上海市国際貿易促進委ほか員会
  •  運 営:上海国際展覧中心有限公司
    ●協 力:ジェトロ上海事務所他
  •  公式HP:www.china-aid.com
  •  出展料:Aゾーン標準小間(9㎡) 15,800人民元/1小間、床面小間(36㎡~)1,580人民元/1㎡

       Bゾーン標準小間(9㎡) 12,800人民元/1小間、床面小間(36㎡~) 1,280人民元/1㎡

       2019年12月末日までの申込は5%割引の特典があります。

  •  申込み:添付の申込用紙に必要事項をご記入の上、FAXかメールで下記までお申込みください。
    FAX:045-534-9532

E-Mail:tanaka.o@qlton.com

            クオルトン研究所 田中理 宛


The following two tabs change content below.
田中 理
元横浜市総合リハビリテーションセンターセンター長。日本のリハビリ工学創始者の一人。チェアスキーをはじめ数々の福祉機器の開発を手掛ける。 上海万博の中国障害者館パビリオン「生命陽光館」の高級顧問委嘱などを通して中国のリハビリ&障がい・高齢福祉関係者と厚い親交がある。 現在中国のリハビリ&福祉の発展のため精力的に日中間リハビリ&福祉ビジネスコンサル事業を展開中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.